AEDとは

AEDとは

「AEDとはどのような機器なのか」「なぜAEDが必要なのか」「実際に AEDを使用する際の流れ」など、AEDに関する基本的な知識を紹介します。

目の前で人が心停止で倒れた場合に行う、AEDの使用と胸骨圧迫による一次救命の流れを、イラストや動画を交えて説明しています。

製品情報

製品情報

弊社が販売しておりますZOLL AED Plus、AED 3および関連製品をご紹介しています。

「胸骨圧迫ヘルプ機能」をはじめとする製品特長の紹介、除細動パッド、バッテリーなどの消耗品や AED 収納ボックスなどのオプション品などの関連製品一覧、各種カタログのダウンロードページをご用意しています。

事例・取り組み

事例・取り組み

ZOLL AED製品をご導入いただいているお客様の導入経緯、ZOLL選定の理由や導入後の取り組みをご紹介しています。

実際にZOLLのAEDを使用して救命活動を行った救助者の方の声や、世界各国のZOLL AEDによる救命事例もご覧いただけます。

AED導入希望のお客様

AED導入希望のお客様

AEDの導入・設置を検討されているお客様のご質問やご要望にお応えしております。

「AEDの設置を検討しているので情報が欲しい」「どんなAEDが適しているか知りたい」「購入・リース・レンタルのうち、どの導入・設置方法がよいのかがわからない」といったお悩みにお答えします。

AED導入済みのお客様

AED導入済みのお客様

弊社AED製品を導入済のお客様が、AEDの日常点検、パッドやバッテリーなどの消耗品の管理・交換、廃棄などにあたって必要な情報や手順を動画やイラストを交えてわかりやすくご紹介しています。

AEDについてよくある質問も掲載しています。

よくあるご質問

AEDや心停止に関する一般的なご質問を紹介しています。
AEDとは」で、AEDの基本的な知識や救命処置と生存率の関係など説明しておりますので、あわせてご覧ください。

自動体外式除細動器(Automated External Defibrillator)とは、心臓がけいれんし血液を送り出すポンプ機能を失った状態(心室細動)の傷病者に対して、心電図の測定・解析を行ない、必要に応じて電気ショックを与え、心臓を正常なリズムに戻すための医療機器です。

2004年7月厚生労働省より、非医療従事者である一般市民が救命の現場でAEDを使用することは、医師法第17条には違反しないとの通知が出たことから、一般市民の方も使用できるようになりました。
AEDは音声案内に従うことで使用することはできますが、心肺蘇生については、各種団体が主催する救命の講習会を受けることをお勧めします。

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。担当よりご連絡さしあげます。

はい、使用できます。

AEDは、AED本体、除細動パッド、バッテリーの使用可否の状態を毎日セルフテストしています。(AED Plus WS、AED 3は週次)セルフテストの結果をステータスインジケーターに表示(AED Plus:✔=使用可能、✕=使用不可 AED 3:✔=使用可能、表示なし=使用不可)しますので、AED設置管理者の方はステータスインジケーターを毎日確認してください。確認した結果は、日常点検チェックリストに記入し、保管してください。

メーカー保証期間は設置後5年です(保証書に必要事項を記入・返送した場合。消耗品除く)。 耐用期間はAED Plusは7年、AED 3は8年、法定耐用年数はともに4年です。
保証期間、耐用期間を過ぎた場合は、旭化成AEDコールセンターまでご連絡ください。