旭化成AEDコールセンター(24時間受付)

フリーコール 0800-222-0889

  お問い合わせ

AED 自動体外式除細動器

AsahiKASEI旭化成ゾールメディカル

HOME > AEDコラム > AED Plusの色に隠された秘密とは?

AED Plusの色に隠された秘密とは?

現在市場で販売されているAEDの色はメーカーによりさまざまですが、なかでもZOLL AED Plusの色(ライムグリーン)はひときわ趣を異にしています。他のメーカーとの差別化のため?と思われるかもしれません。しかしZOLLがAED Plusを初めてリリースする際にライムグリーン色を採用したのには、明確な根拠がありました。

色の科学 ? 色が人の心理や行動に与える影響

人々は色に対して共通の強い情緒的反応を示し、興奮したり、不安を感じたり、冷静になったり、ときに安心することが研究によって繰り返し証明されてきました。

そのため、色を使って何かを伝えることは簡潔でかつ科学的な方法として、広告や製造業、政府などの機関をはじめ多くの分野において日々活用されています。色の選択がものごとの成否に大きな影響を与えることから、ZOLLはAED Plusの色を検討するにあたってさまざまな調査や研究を行いました。

その結果、色が人の心理や行動に与える影響について安全製品の観点から吟味すると、以下のような傾向があることが判りました。

  • 黒:心理学的に恐ろしさを感じさせることがある
  • 赤:外部のサイレンや消火器に使うと目につきやすい反面、血圧上昇、心拍数増加、呼吸回数の上昇を招くことがある。米国国土安全保障省などのカラーコードでは「最強の危険」を示す色とされている
  • オレンジ:上述のカラーコードでは赤に次ぐ「警告」を意味し、安全胴衣や通行人に警告を与える目的で建設機械に広く使われている。
  • 黄色:人々がすぐに気づく色ではあるが、交通信号の「注意」を意味し、電気製品の緊急事態に使われているように、注意を喚起させる色である

緑色が意味するもの

一方で、緑色は他の色と異なり屈折することなくまっすぐに網膜に達し、目に最も優しい色でもあることから人々に落ち着きや癒しを感じさせ、心理的によい影響を与えることがわかっています。

こうしたことから、緑色は米国の労働安全衛生法(Occupational Safety and Health act)や国土安全保障省のみならず、世界的に「安全」を意味する標準色とされており、ヨーロッパや日本などでは、非常口に緑色を使うことが義務づけられています。また、ILCOR(International Liaison Committee On Resuscitation:国際蘇生連絡委員会)はAED設置場所を示すサインとして緑色のデザインを推奨しています。

明るい緑色は人々に「守られている」という気持ちを起こさせることから、交通信号の「進め」を示す色となっています。

安全製品にふさわしい救命色、ライムグリーン

このように緑色は安全を意味する色として、幅広く認識され活用されてきました。人命救助の場面において、緑色は人の心理面でプラスとなる特性を持っていますが、なかでもライムグリーンが救命色として注目されるようになりました。ライムグリーンは自然には存在しない色のひとつであり、背景からはっきりと浮かび上がるように見え視認性が非常に高いためです。

米国ミネソタ州では、高速道路で働く作業員がより容易に気づかれるようにする取り組みを率先して行うなかで、さまざまな色を用いて実験を行った結果、ライムグリーンが最も人目を惹く色であることを導きだしました。これを受けて、後に安全ベストなどの作業着にライムグリーンが採用されることになりました。

また、ワシントンD.C.の"Decade of Behavior"リサーチによると、ライムグリーンのもうひとつの利点は、夜間や暗い灯りの下でも最も良く見える色であることです。従来の赤い消防車をライムグリーンに塗り替えたところ、特に暗闇で走行中の消防車がより認識しやすくなることが証明されました。ライムグリーンの消防車が交通事故に巻き込まれる確率は、赤い消防車に比べて約半分という結果もあるそうです。

ZOLLはこうした色に関する研究・調査を行う一方で、警察へもAEDに関する聴き取りを実施しました。警察は緊急事態の際に現場へ最初に駆け付け、心停止をした傷病者がいた場合にはAEDを使った救命処置を施すことからです。救命処置は一刻を争うため、警官は即座にAEDを使えるようにパトカーの中から簡単に見つけ出せるだけでなく、AEDを使用する現場でも見落としや回収忘れがないよう、背景から浮かび上がる色のAEDを求めていることがわかりました。ZOLLは、ライムグリーンがこうした課題を解決する色だとして、AED Plusのカラーリングに採用することを決定したのです。

ライムグリーンのAED Plusに高い評価

ZOLLは優れた製品開発とデザインに与えられる「Product Design and Development Engineering Awards」において、ライムグリーンの採用を含めたAED Plusの製品デザインが高く評価され、最も優れた製品に与えられる金賞を2003年に受賞しています。同賞は、イノベーション、創造性、社会にとっての有用性をもつデザインとアイディアを称えるために、「Product and Development」誌によって創設されました。

本内容は、以下の資料の抄訳をもとに補足を行い再構成したものです。

Lime Gets The Green Light for Safety Products ? A White Paper by Tina Sutton, Color Marketing Consultant
The Science of Color ? Green Enriches And Saves Lives by NAPS