ホーム > ニュース

ニュース

第13回 オフィス防災EXPO(東京展)にAED Plusを出展します

2019年5月20日
旭化成ゾールメディカル株式会社

旭化成ゾールメディカルは、第13回 オフィス防災EXPO(東京展)にAED Plusを出展します。

会期:2019年5月29日(水)~31日(金)10:00~18:00
会場:東京ビッグサイト 青海展示棟* 展示ブース番号:B17-29
*青梅展示棟の最寄駅は、りんかい線「東京テレポート駅」、ゆりかもめ「青海駅」もしくは「お台場海浜公園駅」になります。ご注意ください。
展示会の詳細は、第13回 オフィス防災EXPO公式Webサイトをご覧ください。
 (https://www.bousai-expo.jp/ja-jp.html

 オフィス防災EXPOは、危機管理・災害対策の商談専門展で、あらゆる防災製品、サービスが一堂に出展し、来場する企業、官公庁、学校、病院の総務・防災・危機管理部門の方々の商談の場として製品の比較検討・導入に最適な日本最大規模の防災展示会です。

 展内ブースにおいてAED Plusや救命トレーニング用マネキンの展示のほか、一次救命現場のリアリティーを追求した日本初公開の胸骨圧迫VR(バーチャルリアリティー)体験をご用意しております。
これにより、仮想空間において身の回りで突然心肺停止に陥った傷病者の救助を疑似体験し、緊迫した救命現場とそこで行うべき救命の流れを理解することができます。
一次救命でもっとも重要な胸骨圧迫をバーチャル体験しながら、音声ガイダンスとディスプレイ表示で胸骨圧迫の深さをリアルタイムにフィードバックし、より質の高い胸骨圧迫へサポートするAED Plus搭載の「胸骨圧迫ヘルプ機能」も同時に体感していただけるプログラムです。

このバーチャル救命プログラムは、今後トレーニングや救命講習など教育の場でも活用されることが期待されています。
是非、この機会にお気軽にお立ち寄りいただき、胸骨圧迫VR体験をお試しください。
VR 胸骨圧迫VR体験