旭化成AEDコールセンター(24時間受付)

フリーコール 0800-222-0889

  お問い合わせ

AED 自動体外式除細動器

AsahiKASEI旭化成ゾールメディカル

AEDトップページ > 製品情報 > 蘇生ガイドライン2015対応

蘇生ガイドライン2015対応

蘇生ガイドライン2015対応

胸骨圧迫やAEDを使用する救命処置は、その手順などが5年に1度見直されています。2015年に行われた国際的な蘇生に関するガイドライン(指針)改訂を受け、日本でも「救急蘇生法の指針2015」が発行されました。(監修:日本救急医療財団心肺蘇生法委員会)
ZOLL AED Plusはこの蘇生ガイドライン2015に対応しています。

蘇生ガイドライン2015(一次救命処置:BLS)の主な変更点

  旧ガイドライン(GL2010) 現ガイドライン(GL2015)
119番通報と
AEDの手配後の処置
胸骨圧迫
 ↓
気道確保
 ↓
人工呼吸
※人工呼吸ができない方は省略可
  • 訓練を受けていない救助者は胸骨圧迫のみ行う
  • 市民救助者が呼吸の確認を行う場合は気道確保を行う必要はない
  • 救助者が人工呼吸の訓練を受けており、それを行う技術と意思がある場合は胸骨圧迫と人工呼吸を30:2で行う
胸骨圧迫の速さ 少なくとも100回のテンポ 100~120回/分のテンポ
胸骨圧迫の深さ 少なくとも5cm
※小児や乳児の場合は、胸の厚みの3分の1
約5cm、ただし6cmを超えない
※小児や乳児の場合は、胸の厚みの3分の1

蘇生ガイドライン2015では、救命の際、反応、呼吸の確認後直ちに胸骨圧迫を開始することを推奨しています。強く(約5cm ただし6cmを超えない、小児は胸の厚さの約1/3)、速く(100~120回/分)、絶え間なく(中断を最小にする)行う手順となり、胸骨圧迫の重要性が再認識されました。

蘇生ガイドライン2015対応AED Plus

AED Plusは胸骨圧迫の深さと速さをサポートする(胸骨圧迫ヘルプ機能)、蘇生ガイドライン2015で重要性が再認識された胸骨圧迫の質の向上を目指しています。

蘇生ガイドライン2015対応AED Plus
1) 胸骨圧迫の深さ
胸骨圧迫の深さ5cmと6cmが目盛り表示され、圧迫の深さが棒グラフで表示されます。『もっと強く押してください!』『胸骨圧迫は有効です!』などの音声案内とメッセージ表示により、ガイドライン2015の適切な圧迫深度に誘導します。
2) 胸骨圧迫の速さ
胸骨圧迫時に発するリズム音(適応型メトロノーム音)により、100回/分の圧迫速度に誘導します。

適応型メトロノーム音とは?

救助者の圧迫の速さに応じて、ペースが変わるリズム音のことで、

  • 胸骨圧迫の速さが80回/分を超えている場合、リズム音は100回/分のペースで鳴ります。
  • 胸骨圧迫の速さが80回/分に到達していない場合は、リズム音は救助者の実際の圧迫速度よりも約15回/分速いペースで鳴ります。
  • 胸骨圧迫の速さが60回/分を大幅に下回る場合には、リズム音のペースは最低速度の60回/分になります。