ホーム > AED Plus > AEDについて

AEDについて

AEDについて 自動体外式除細動器(Automated External Defibrillator)とは、心臓がけいれんし血液を送り出すポンプ機能を失った状態(心室細動)の傷病者に対して、心電図の測定・解析を行ない、必要に応じて電気ショックを与え、心臓を正常なリズムに戻すための医療機器です。
AEDは自動的に心電図を診断し、電気ショックを与え(除細動)、胸骨圧迫をすることにより正常な心拍を取り戻すことであると言われています。

何故AEDが必要なのか?

電気ショック 心臓は全身に血液を送り出すポンプの役割を果たしているため、心臓が停止したら血液が送り出されなくなります。心臓が停止すると時間の経過とともに、1分間遅れるごとに7~10%ずつ救命率が低下すると言われています。
従って、いかに早く処置を開始するかが救命の鍵となります。突然の心停止の原因のひとつが心室細動です。この心室細動を治療する有力な方法は、電気ショックにより除細動をすることであると言われています。そのため、除細動が必要な心電図波形かどうかを判定し、電気ショックをするAEDが必要なのです。

心室細動とは!?

突然心臓が規則的に拍動しなくなり、心筋が無秩序に興奮している状態です。心電図では、不規則な波形がみられ、心臓はポンプとしての機能を果たすことができません。心室細動は自然に回復することがほとんどなく、効果的な治療法は電気ショックを与え、正常な拍動を取り戻す(除細動を行う)ことであると言われています。

AED到着後の胸骨圧迫

AEDの電極パッドを装着すると、心電図を測定・解析し、必要に応じて電気ショックを行う必要があります。

・電気ショックを行った場合は、ショック1回の後 または、

・電気ショックが不要な場合は、

ただちに胸骨圧迫を(できる方は引き続き人工呼吸も)行うことが推奨されています。つまり、電気ショック後も、質の高い胸骨圧迫を行うことが、目の前の命を救うために重要です。

AED到着後のCPR

AEDとは?

動画で見るAEDの使い方

心肺蘇生の流れ、セットアップ方法、電極パッズの装着、バッテリの装着などAEDの使い方を動画で分かりやすく解説します。

みんなでレスキュー

・救命処置を分かりやすく解説!

・1分間のゲームで、胸骨圧迫  (心臓マッサージ)を模擬体験!


小学校安全教育副読本

命を守る心肺蘇生・AED





カタログ


SSLとは?