ホーム > 医療関係者の皆様 > サーモガードシステム製品情報 > サーモガードシステムと血栓形成のおそれについて

サーモガードシステム製品情報

サーモガードシステムと血栓形成のおそれについて

重病患者に対して、部静脈血栓症(DVT)や血栓塞栓性事象は臨床上、実際に発生する事象です。弊社の「サーモガードシステム」が、ご要望な深刻体温を達成するため、最も正確、最も迅速に実現できます。なお、サーモガードシステムの添付文書において、DVTの説明内容が形式上に限られております。そのため、体温管理、特に弊社サーモガードシステムの使用に関わる血栓形成やDVTの詳細情報については下記をご覧ください。

体温管理に関する白書

無作為化比較臨床試験の成績より、Quattro、ICY及びCool Lineカテーテルの血栓形成リスクは一般的な中心静脈カテーテルと同様であることが確認できます。このエビデンスに基づいて、Quattro、ICY及びCool Lineカテーテルのバルーン構造は一般的な中心静脈カテーテルに比べて血栓形成のリスク増加を示す根拠がないことが明確になります。 ご質問やデータ請求については旭化成ゾールメディカル株式会社IVTM事業部(電話番号:03-6205-4921)にお問い合わせください。